【注目】12月10日まで『街の窓フィルム屋さん』と『リフローリング』は価格キャンペーン中!! 公式ページからお問い合わせ下さい
上張りフローリングの最大のメリットとは!?

上張りフローリング最大のメリットとは!?

上張りフローリング最大のメリットについて解説します。

 

上張りフローリング最大のメリットとは!?

上張りフローリングは、既存のフローリングの上から新しく薄い厚みのフローリング材を張る工法で、多くの大手リノベーション会社さんでも採用されています。別名で「重ね張り」や「レイヤー工法」と呼んだりします。

本記事ではこの上張りフローリングのメリットについて詳しく解説します。

 

 

安さだけでない上張りフローリングの魅力

上張りフローリングの魅力は、従来の「フローリング張替え(既存床を剥がして全面張り替え)」と比べて導入費用が約1/3~1/2という”低価格”で実現できることが、この上張りフローリングの特徴です。

既存の床を剥がす手間がないことで低価格の導入ができます。それに加え本物の木材に近い風合いに仕上げられた高品質な素材感も魅力のひとつです。

 

 

上張りフローリングの費用

上張りフローリングは既存のフローリングを剥がさずに上から重ね張りをします。

それにより解体工事の費用が掛かりません。また解体から発生するゴミも出ませんので処分費も必要なくなります。解体や処分がなくなるとそれに伴う人件費も抑えることができます。

その為、多くの大手・リノベーション会社さんも採用されています。

上張りフローリングは多くの大手・リノベーション会社さんからも採用されています。

 

 

上張りフローリングの施工時間

上張りフローリングは解体作業がない為、工期が短く済むことで時間の短さも利点のひとつとして挙げられます。例えば8帖までの広さなら1日で施工が終わります。

 

 

上張りフローリング最大のメリット:メンテナンス

上張りフローリングの最大のメリットは「メンテナンス」です。

ほとんどのリノベーション会社もコンセプトとして掲げているのが「お客様に家を長く住み続けて欲しい」と考えています。もちろん、それはお客様も同じ考えを持っています。

フローリングを新しくした時は、ピカピカで肌触りの良い新品の状態です。その後、年数を重ねると必ず床には『傷』『凹み』が出てきます。

物を落としたり、重たいものを引きずるなどで、何かしらの理由で『凹み・キズ・欠け』などがどこかに出てきます。

その対処方法として「リペア補修」という対処方法もあります。「リペア補修」は、キズの箇所に粘土を流してフローリングの木目を書く方法です。しかしこの方法は、角度によっては木目の書いている部分が確認できたりします。

しかし上張りフローリングなら「リペア」と同じ修繕の価格帯で『部分張替え』ができてしまいます。

 

お住まいのフローリングの凹み・キズ・欠けなどは、だいたいは部屋の通り道で起きやすく、そのキズ・凹みの箇所を「部分張替え」をすることで床を新品の状態に戻すことが最大のメリットです。この方法は低単価で床を元の新品に戻すので、お客様から大変喜ばれる方法です。

もし一般的な「張替え用」のフローリングを採用されていた場合、キズ1つに対して1枚毎の張替えができませんので、全体のやり直しを考えなければなりません。ほとんど方がキズ1つで、いちいちフローリングの全体張替えなど普通はできません。

そう考えると上張りフローリングの『1枚ごとの部分張替え』は「家を長く住み続ける」意味でも採用しやすいポイントになります。

 

上張りフローリングなら、キズや凹みのある箇所だけを部分張り替えすることができます。

 

上張りフローリングは新しい床材をはめ込むだけで、元の新品の状態に戻すことができます。

 

上張りフローリングなら洗面所のフローリングも 簡単張り替えできる。(施工前)

 

上張りフローリングなら洗面所のフローリングも 簡単張り替えできる。(施工後)

 

 

 

上張りフローリングの張替えなら大阪・神戸にあるリフローリングへ