【注目】10月末日まで『街の窓フィルム屋さん』と『リフローリング』は価格キャンペーン中!! 公式ページからお問い合わせ下さい
警視庁の試験基準をクリアした防犯フィルム

防犯フィルムのサンプル画像

防犯フィルムの特徴

  • 認定された『防犯性能の高い建物部品』
  • ガラス破壊に時間を掛けて侵入を困難に
  • 商品や製品の日焼け防止を目的とした紫外線を99.9%以上カット
  • 地震などの飛散防止による安全面対策

 

 

防犯フィルムとは

防犯フィルムに期待されることは空き巣などの侵入抑止です。ガラス破りには代表的な3つの手口があります。まずサッシとガラスの間にドライバーを差込んでガラスに穴を開ける【こじ破り】。ハンマーなどの道具を使ってガラスをたたき割る【打ち破り】。そしてバーナーでガラスを熱し、急激に冷やすことで割る【焼き破り】です。

ガラス窓に防犯性能があると認められるためには、この3つの侵入方法における貫通防止性能がなくてはなりません。空き巣は侵入までに時間がかかることを嫌いますので防犯フィルムならガラス破りに時間が掛かり安全性が大きく増します。

防犯フィルムの施工の様子

 

 

防犯性能の高さを示すCPマーク

察庁・国土交通省・経済産業省と民間関係団体で構成される「官民合同会議」が行う厳しい試験にパスし、住宅などの侵入に5分以上耐えられると評価された防犯性能の高い建物部品に与えられます。3M製品の防犯フィルムは認定された【防犯性能の高い建物部品】です。

『防犯性能の高い建物部品』には、ドアや錠、サッシやガラス、シャッターなど、そしてウインドウフィルムも掲載されています。目録に掲載された製品には【CPマーク】で表示することができます。

防犯フィルムでは、防犯性能試験において、『こじ破り』『打ち破り』『焼き破り』それぞれで、5分以上侵入を防ぐことのできるものを『防犯性能の高い建物部品』と定めています。
※CPマーク・・・ http://www.jlma.org/Topics/cp.htm

防犯フィルムにはこのCPマークのシールが付きます。

 

 

空き巣対策

災害避難時に侵入者による「空き巣被害」が注目されます。窓ガラスが割りやすいことで空き巣が簡単に入ることができます。空き巣の侵入手段として60%以上が「ガラス破り」です。防犯フィルムを貼ることで窓ガラスを割るのに時間を費やすことで侵入を困難にします。

 

 

紫外線の対策性能

窓のガラスフィルムは床の日焼けや肌トラブルの原因となる紫外線を99.9%以上カットします。室内にある什器や備品、棚や本、商品や製品の日焼け防止を目的に紫外線対策として女性や小さなお子様のデリケート肌にもオススメです。
※本の色あせの要因には紫外線以外にもありますので、色あせを完全に防ぐものではありません。
※3M製品の防犯フィルムは「紫外線透過率」が【0.0】という紫外線を通さないフィルムです。

 

 

製品仕様(CPマーク表示製品)

名称 製品番号 PET基材厚 日射反射率 可視光線透過 紫外線透過
3M:防犯フィルム SH15CLAR-A 325μm 9 89 0.0
3M:防犯フィルム ULTRA S2200 300μm 10 87 0.0
3M:NANO80CP NANO80CP 300μm 23 81 0.0
3M:防犯シルバー SH15SIAR-18 300μm 52 19 0.0
3M:防犯マット SH15MACR-i 300μm 9 83 0.0

3M製品の防犯フィルムは「紫外線透過率」が【0.0】という紫外線を通さないフィルムです。

 

 

どのような方が選ぶのか?

防犯フィルムは、個人様・法人様関係なく、よくご依頼をいただくフィルムです。フィルムにオススメの場所は、オフィス、一般住宅、学校、病院、工場やパーティションガラス、公共施設、店舗、ショーウインドウやエントランス部などです。

 

 

設計施工価格

メーカー側ではどなたでもインターネットから「設計施工価格」を確認することができます。メーカー側の標準価格は材工共通の価格帯になっています。後は実際に施工する施工店に対して「設計施工価格」をどこまでディスカウントできるか?を相見積する必要があります。

SH15CLAR-A:¥24,000[材工共]/㎡
ULTRA S2200:¥27,500[材工共]/㎡
NANO80CP:¥31,000[材工共]/㎡
SH15SIAR-18:¥27,500[材工共]/㎡
SH15MACR-i:¥27,500[材工共]/㎡

防犯フィルムの設計施工価格表
※3M_設計施工価格表

 

 

動画で見る防犯フィルム


※3M 防犯フィルム バッド打撃実験

 

 

どのような窓にフィルムは施工できるの?

窓ガラスによって貼り付けできるフィルムと貼り付けができないフィルムがあります。判断が付かない場合は専門家へお尋ねするとよいでしょう。

フロートガラス:○
一般的に使用されている窓ガラスで、透明かつ表面が平らでツルツルしています。
厚みは3mmや5mmのものがほとんどですべても窓ガラスにフィルムの貼付けができます。

型板ガラス(凹凸のある窓ガラス):△(専用フィルムのみ)
だいたいは内側の片面に凹凸のあるガラス窓で、これらには「型板ガラス専用」の窓フィルムを施工する必要があります。
この窓に関しては製品の種類が限られていますので専門家にご相談する方がよいでしょう。

すりガラス:△
型板ガラスに似ていますが表面は凹凸ではありません。ザラザラとしています。フィルム施工はできますが品質上オススメではありません。

網入りガラス:△
ガラスの中に鉄線が入った窓ガラスです。構造上、フロートガラスに比べて6割ほどしか強度がありません。その為、必ずではありませんが日射吸収率の高いフィルムを貼ると熱割れが起きるリスクもあります。

複層ガラス:△
複層ガラスはガラス内に空気の入った窓ガラスです。これも必ずではありませんが日射吸収率の高いフィルムを貼ると熱割れが起きるリスクがあります。

 

 

防犯フィルムの施工イメージ

防犯フィルムは色が透明な為、施工のイメージが大変分かりずらいです。しかしこの変化のないことがお客様側に喜ばれます。

防犯フィルムを施工した様子

 

侵入者のこじ破りを防ぐために防犯フィルムで対処

 

防犯フィルムを施工の様子

 

近くで見た防犯フィルム

 

防犯フィルムにCPシールを貼っている写真

 

隙間1mm空きで防犯フィルムを施工

 

窓ガラスフィルムの防犯フィルム

 

防犯フィルムで窓ガラスフィルム施工

 

 

 

 

飛散防止・防犯フィルムの最新記事8件