【注目】6月末日まで『街の窓フィルム屋さん』と『リフローリング』は価格キャンペーン中!! 公式ページからお問い合わせ下さい
上張りフローリングのお手入れ・メンテナンスについて

上張りフローリングのお手入れについて

上張りフローリングのお手入れ方法について

 

上張りフローリングのお手入れについて

上張りフローリングはとても肌触りの良い製品です。ワックス掛けの必要がなく日頃のお手入れもラクなことから本記事では『上張りフローリングのお手入れについて』ご紹介します。

日常のお手入れ

上張りフローリングはワックス掛けが不要の製品です。お手入れとして掃除機で床表面のゴミやホコリを取り除き、乾いた雑巾やモップでカラ拭きください。

それでも落ちない汚れは?

カラ拭きで落ちない汚れは、水を濡らして固く絞った雑巾で拭き、その後にもう一度カラ拭きください。また除菌スプレーを雑巾側につけて拭き取ると簡単に汚れがとれます。

上張りフローリングのお手入れは簡単で除菌スプレーを雑巾側につけて拭き取るだけ。

 

 

お手入れ道具について

フローリングワイパー
ドライタイプ 白い繊維が目地部分に引っ掛かり付着する場合もありますので、その点は注意ください。
ウェットタイプ 使用後に洗剤成分が残らないように、よく絞った雑巾でしっかりと拭き取ってください。また長時間床の上に置いた状態にしないでください。
スチーム洗浄機

スチーム洗浄機の使用はおすすめではありません。熱や水分によりフローリングが膨れて、ヒビワレ、カビ、変色、白化などを生じる可能性もあります。

ロボット掃除機

使用状況によってフローリング表面に傷がつく恐れもあります。物を引きずったままの走行、ブラシに小石や砂が噛みこんだ状態での使用は避けてください。

床拭きロボット掃除機

必要以上の水分浸入は、ご注意ください。また長時間床の上に置くことも避けてください。

化学雑巾・化学モップ

長時間床の上に置かないでください。変色を起こすおそれがあります。

上張りフローリングのお手入れに特殊な道具はいりません。

 

 

傷・凹み

軽微な傷

軽微な傷部分にわざわざ『部分張り替え』をする必要はありません。
市販されている「床用ブラッシュペン(クリアー)」で塗って、傷を目立たなくさせることができます。

軽微な凹み傷

傷部分に周辺のフロアと同じ色合いの補修用パテを埋め、凹み傷を目立たなくさせます。補修用パテを温めて傷部分にすり込み、平らなヘラなどで余分な物を取ります。ブラッシュペンで木目柄を描くと綺麗に仕上げることが出来ます。

大きな傷の場合

「床材部分直し」をすることをオススメします。

補修アイテム 商品名 メーカー名
床用ブラッシュペン、クリア 住まいのマニキュア、No.12 クリア 株式会社 建築の友
床用補修パテ イージーリペアスティック 株式会社 ハウスボックス

上張りフローリングは大きな補修になると【部分張り替え】を薦めています。

 

 

 

上張りフローリングの張替えなら大阪にあるリフローリングへ